• Mai Leedy

アメリカで家を借りる「虫の駆除」



最近ご連絡をいただいたお客様から、ノースカロライナの「虫」に関するご相談をいただきました。


家を探す上で「虫が入ってこない家」を条件にあげるお客様はほとんどいらっしゃいませんが、意外にこれは良い質問だと思ったので「虫」に関する私の意見を共有させていただきます。意外にも虫がダメな日本人は多く(女性だけではなく男性も!)、このお客様は事前調査が上手で既に虫対策を念頭に入れてお家探しをしていらっしゃいますが、多くの方はノースカロライナに虫が多いことを知らずに心の準備なく引っ越されると思います。そうするとショックが大きいかもしれませんので、事前知識としてお読みください。


実は私がコロラド州デンバーからラーレーに引っ越してきた当初、ホームシックもあってノースカロライナが好きになれませんでした。その理由の一つが「虫の多さ」だったのです。どこにいてもすぐに蚊に刺されるし、家を綺麗に保ってもゴキブリが出る。理由はわかりませんがここは蜘蛛も多いです。10年ほど暮らしたデンバーは山脈地帯で乾燥しているので蚊やゴキブリだけではなく虫がほとんどいませんでした。ここは東京と似た気候なので虫の種類もほぼ同じです、日本から来られる皆さんは私よりも虫に免疫があるかもしれません(笑)。


男の子二人の母となった今は毎日虫と戯れる日々です。ゴキブリ以外はほとんど平気になりました。家の中に入ってくる虫だけは容赦しませんが、外にいる虫は「私が彼らの土地にお邪魔している」という気持ちでいます。虫がいるからうちの庭にたくさんの鳥が遊びに来てくれる、と思うようにしています。


それでも嫌なものは嫌ですよね。しかも赴任・引越しは避けられません。前回のブログで「家の種類」をご紹介しましたが、どのタイプの家でも多かれ少なかれ虫とはお付き合いしなくてはいけません。そこで、それぞれの家タイプでの害虫対策をご紹介します。


① 一軒家(戸建)

お隣と接していないものの、自然に囲まれたNCでお庭があれば四方から虫が入ってくるイメージがあると思います。家の造りも日本と比べると隙間だらけですし、庭にある木の枝が屋根に届くくらい伸びていると、ゴキブリはそこを伝って家にとびうつると言われています。持ち家であれば、Tree Removalの業者に家の周りの木を綺麗に切ってもらいます。またPest Controlと呼ばれる業者に害虫駆除をお願いするのが一番効果的です。


我が家(庭付き戸建)がお願いしていたのは、主に二つ。一つは、室内に虫が入ってこないようにするトリートメントで3ヶ月毎に$75(年間契約料金)。ガレージと家の内側にある床の際全部に害虫駆除用の液体を細く塗るタイプのトリートメントでした。外から入ってきた虫はそのラインに跨ぐと死にます。二つ目は、夏限定ですが庭にMosquito Spray(蚊の駆除用スプレー)を撒いてもらっていました。子供が小さかったのと家庭菜園があったのでオーガニックのスプレーを選んで、費用は4月から9月まで三週間毎に$60〜70でした。これで虫を気にせず大分快適に過ごせるようになります。戸建のレンタルはオーナーさんがそれぞれなので契約内容もそれぞれです。ただ、虫の駆除が月々の賃料に入っていることは稀なので、ご自分で手配する必要があります。


② タウンハウス

蚊除けスプレーをするほど広い庭が付いていることは稀ですが、アパートが管理しているタウンハウスであればPest Control(害虫駆除)のサービスが含まれていることがあります。これは契約時にアパートの担当者に確認してください。ほとんどの場合が個人オーナーからのレンタルなので、ご自分で害虫対策をする必要があります。アパートや築浅のタウンハウスはSlab建築で地面に直接家を建ててしまうスタイルが多いので、虫が入ってくる不安に駆られますよね。大丈夫だとは思いますが、不安であれば①でご紹介した害虫駆除の業者に室内のトリートメントをしてもらうことをお勧めします。また、タウンハウスの中には一階部分が駐車スペースで住居は2階と3階にあるタイプもあります。このタイプのタウンハウスを選ぶと地面から離れているので安心です。


③ アパート

集合住宅のアパートの場合は隣と接しているのでゴキブリの心配をされると思いますが、築浅のアパートは月々の賃料にPest Control(害虫駆除)料金が含まれており管理会社が定期的に害虫駆除のトリートメントを行なっています。それでも頻繁に家の中に虫が発生するようであれば、アパートに依頼すれば対策を取ってくれるはずです。気持ち的にはSlab建築の一階のお部屋を避けたいところですが、ノースカロライナではどんな住宅のどの階に住んでいても「虫はつきもの」と考えてください。


虫を避けるためにアパートの最上階を選んでも、小さいお子さんがいる場合は日常的に走ったり騒いだりすれば下の階の住人から苦情が来ることがあります。苦情が日常的にくればその方が虫よりも苦痛になります。家探しはやはり安全面、利便性、学区、家族が快適に暮らせる家であるかどうかを優先してお選びください。その中でタウンハウスであれば「ガレージが一階にあって住居スペースは二階以上にあれば虫対策もしやすい」くらいに考えていただければいいと思います。それでも気になるようであれば害虫駆除の業者をご紹介します。効果はあります。

52回の閲覧

最新記事

すべて表示

私の「アメリカ不動産投資」の教科書をご紹介!

皆さま、ご無沙汰しています。 12月に入りクリスマスショッピングなどでただの主婦業だけで十分忙しいのですが、最近は日々どころか1日に三足のわらじを履き替えている状態。そのせいか、一ヶ月に二回も息子の習い事を忘れてしまうという大失態を…母親業が疎かになって大反省です。ヨガも不動産もいいペースで働かせていただいて、皆さんにも家族にも本当に感謝です。 さて、今日はある本をご紹介させていただきます。 最近

CONTACT
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon
  • White Instagram Icon

Mai Leedy Real Estate Inc.

携帯:720-383-8813 (日英)

メール:contact.maileedy@gmail.com

© 2018 Mai Leedy Real Estate