• Mai Leedy

《コロナで休校》KUMONに行ってみた!


タイトル通り、先日近所にあるKUMON

オリエンテーションへ行ってきました。

日本人ならお馴染みの公文ですが

アメリカでもKUMONの看板をよく見るのです。

私自身は公文に通ったことはないのですが

日本に住む姪と甥は通っているし

なんと東大生の30%が公文経験者

だと言う統計まであるそうなのです。

とにかく問題をひたすら解かせるということ

くらいの事前知識しかない私ですが

「世界レベルで認知されているKUMONとはなんぞや」

と言う興味だけで話を聞きに行きました。

早速、親子三人でマスク着用で入室すると

韓国系の先生が笑顔で対応してくれました。

子供達は机へ誘導され、親が説明を受ける間

お絵描きでもさせてくれるのかと思っていたら

計算問題が並んだ冊子を渡され、

なんと息子達の学力レベルの確認テストが始まっていました。

「次男には字も数字も教えてないんです」

となんども言おうと思いましたが、

本人はバリバリこなしてる風でなんだか嬉しそう。

お兄ちゃんと同じことをさせてもらえると

俄然やる気が出るタイプのようで

補習校の面談でもいつもより出来が良かった

本番に強いタイプのようです(笑)。

MathとReadingの両方を受けましたが、

長男は2年生レベル(学校でも同じ)で

次男は多分歳相応だったと思います。

KUMONのシステムを説明してもらいました。

クラスに来るのは週二回(火曜と金曜)で

一教科20分ひたすら練習問題をこなします。

二教科だと40分で、その場で採点をしてもらいます。

KUMONは、先生が教えるTutoringではなく

やり方を説明するInstructionをくれるだけ

同じような問題を大量にこなして

自分で学習する力をつけるのだとか。

一番いいなと思ったのは年齢や学年に関係なく

実力があればどんどん進んで学べる点です。

9歳の子が高校の数学をやっている、

なんてこともあるそうです。

私は「勉強しなさい」と言われた記憶もなく

一度勉強が楽しいと思った時期に

「塾に行きたい」とお願いしたら

両親に断られたくらいです(笑)

それはそれはのびのびと自由に育ちましたが、

勉強の楽しさや勉強方法を知らないまま

大人になった自負があります。

だから、子供達には受け身の学習ではなく

自主的に学び、学ぶことを楽しめる力を

つけてもらいたいとは思います。

だーいぶ大人になってからいろいろなことに

興味を持ち学びなおした時に

「学ぶ意欲」と「反復の力」のすごさを

実感しました。

ですから、KUMONが掲げる反復練習と

達成感を得られる実力主義の勉強法は

小さいうちに経験しておくと

将来役に立つだろうと言う気はしています。

ただ、KUMONに通うには二つの問題点があります。

ひとつめは、大量の自宅学習です。

クラスに行けばきっと嫌がらずにこなすと

思いますが、自宅でも毎日休まず

40分も反復練習の勉強ができるのか?

しかも学校からもらってくる課題に加えて、

エクストラの40分です。

現地校+補習校に行っている日本人の生徒には

KUMONの時間とやる気の確保が難しいでしょう。

現在キンダーの長男はホームスクール中で

月〜木でMathとReadingの課題があります。

やる気さえ出せば1〜2時間で終わる量ですが

とにかくやる気が出ない。

学校が始まれば夕方まで学校で勉強した後に

KUMONの勉強をするわけです。

せっかくの子供時代を机の上で過ごすなんて

なんだかかわいそうに感じてしまう。

だから、学校に通う間はやってもMathだけ

将来的にホームスクールに切り替えたら

MathとReadingの教材をKUMONにする

のはアリだと思いました。

4歳の次男は9月まで学校がないし

ホームスクールも課題もないので

親もちょっとネグレクト気味です。

彼だけKUMONに通わせ、もらってくる課題を

ホームスクール時間に兄と一緒に

勉強させるのはいいかもと思っています。

ふたつめの問題点は、高い授業料!

みなさん、いくらだと思いますか?

以前日本にいる姉に聞いた時は、

一教科6000円程度と教えてもらいました。

場所によって多少金額が変わるみたいですが

NCの教室では、一教科125ドルです。

MathとReadingでひとり月謝250ドル!

兄弟割引なし、二人分だと毎月500ドルです。

それに加え、入会時に登録料50ドルと

教材費30ドルがかかります。

高額な月謝、痛いですね…。

最後に簡単にまとめます。

KUMONを続けると、セルフラーニングの

スキルと習慣が身につき、学びのベースとなる

自分で考える力とやりぬく力が付きます。

そのためには高い授業料が払える経済力

と毎日大量の課題をこなす

親子の相当な努力が必要になります。

最新記事

すべて表示

《NCニュース》経済再開プラン「フェーズ2」に突入!

5月22日金曜日午後5時より、 NC州のコロナ感染対策が効果をあげていると 経済再開プラン「フェーズ2」に移行しました。 プールが開くのは嬉しいですが、 プレイグラウンドはひきつづき閉鎖です。 息子の学校のサマーキャンプも開催希望でした がこれで7月から開催が確定したはずです。 ただ、今後の経過次第では定員が 10名なのか15名なのか等決まるので 主催者側も悩み

CONTACT
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon
  • White Instagram Icon

Mai Leedy Real Estate Inc.

携帯:720-383-8813 (日英)

メール:contact.maileedy@gmail.com

© 2018 Mai Leedy Real Estate